託児所完備の求人

アベノミクスの経済政策では、「働く女性の支援」を柱としています。
現在の産業の中心は、サービス業を中心とした三次産業に従事する割合が多く、接客を中心としたこれらの職場では、女性の人材のほうが希望されます。
今の日本は、昔に比べてだいぶ男女均等の雇用がなされていますが、一家を支える男性の安定した職場の確保も大切であるといえるでしょう。
今の社会は男性の稼ぎだけで家庭が成立する家族は少なく、女性が家計をサポートする為に共稼ぎをしなければならない家庭が通常です。
そんな中で働く女性の支援を柱とするならば、何よりも先に託児所などの施設を充実させ、女性が安心して働ける環境を作ることが大切です。
昨年の異性との交際調査で報告されたように、今の若い男女は交際相手がいない人が過半数を占めています。言葉だけでの女性支援では、若い男女が家庭を待たずに単に高齢者を支える為の労働力としかならないでしょう。
そんな中、看護師においては、結婚し子供を得ても託児所つきの求人が豊富にあり、結婚に不安のない職業です。
しかし、ある特定の職業だけが環境に恵まれても、今の少子化の流れは止まりません。
その為、こんな社会でも、いまだに男性が一家の収入の柱となることは世間一般の常識的考えで、何よりも男性の安定した職場の確保が重要となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です